歴史のはなし

「古事記」と「日本書紀」の違いをわかりやすく簡単に解説!

古事記と日本書紀の違いをわかりやすく解説

日本の歴史が記されている「古事記」と「日本書記」。

「記紀」と呼ばれるこの2つは、天武天皇の命により国内各地の歴史資料がまとめられ、ほぼ同じ時期に完成しました。

天皇が中心の国家を永く続けるため、天皇の偉大さをアピールする歴史書が作られたのです。

ではなぜ、日本の歴史を記した本が2つ必要だったのでしょうか。

その理由は、「古事記」と「日本書紀」の違いを見れば明らかになります。

 

この2つの大きな違いは以下の4点。

  1. 読んでもらう対象
  2. 扱う時代
  3. 神様の名前の表記
  4. ストーリーの内容

この記事では、「古事記」と「日本書記」の違いを詳しく説明していきます!

違い①:読んでもらう対象

古事記は「国内向け」に書かれた歴史書

「古事記」は国内に向けて天皇家による支配の正当化をアピールするために、天皇家の歴史盛りだくさんで書かれた歴史書です。

天皇は神様の子孫であり、尊い存在である。その天皇が日本を治めるのだ!ということを「日本人向け」に書いたものなのです。

この当時は、まだ仮名(ひらがな・カタカナ)がなかったため、漢字が使われています。

しかし「古事記」では、日本語の音に漢字を当てはめて使う「万葉かな」が使われていて、当時の中国人が読んでも理解できない文章でした。

「古事記」は天皇家の歴史を示すために、国内(日本人)に向けて書かれた歴史書だった!

 

日本書紀は「外国向け」に書かれた歴史書

「日本書紀」は「国家」としての日本を、周りの国にアピールするため書かれた「外国向け」の公式的な歴史書です。

使われている言葉は当時の国際語であった漢文(中国語)で、中国人にむけたものでした。

中国の歴史書を参考にしたため、中国や朝鮮半島の文献も多く引用されています。

「日本書紀」は国家の公式な歴史を記すため、外国(中国人)に向けて書かれた歴史書だった!

 

違い②:扱う時代

古事記は「天地初発から推古天皇」まで

全部で3巻からなる「古事記」は、天皇の系譜や功績、神話などが記された書物をもとに、たった4ヶ月でまとめられました。

天地のはじまりから書かれた古事記は、神話の時代から推古天皇(第33代)の時代までが記されています。

そこには神々のドラマチックでユニークな物語がたっぷりと書かれました。

古事記では、最初に登場する神様たちは性別をもたないことも日本書紀との違いです。

書かれている出来事は日本国内のものがほとんどでした。

 

日本書紀は「天地開闢から持統天皇」まで

全部で30巻と系図1巻という膨大な量の「日本書紀」は、中国や朝鮮の書物なども参考して約40年かけてまとめられました。

古事記と同じく、書き出しは天地のはじまりで、神話の時代から持統天皇(第41代)の時代までが記されています。

主に、日本を治めている歴代天皇の業績について詳細に書かれました。

日本書紀では、最初に登場する神様たちの性別をはっきりと「男」と明記するなど、あらゆるものには2つの性質があるとする中国の思想(陰陽論)が強く反映されています。

これは読み手である中国への配慮なのかもしれません。

日本のみならず、中国や朝鮮半島の出来事にもたくさん触れています。

 

違い③:神様の名前の表記

「古事記」と「日本書紀」では同じ神様や人物でも、下記の理由から表記が異なっています。

  • 古事記→日本語本来の音を漢字で表現
  • 日本書紀→名前の持つ意味で漢字を表現

古事記と日本書紀に出てくる神名・人名の例をご覧ください。

古事記 読み 日本書紀
伊耶那岐 イザナギ 伊奘諾
迦具土 カグツチ 軻遇突智
須佐之男 スサノヲ 素戔嗚
建御雷 タケミカヅチ 武甕槌
天之宇受売 アメノウズメ 天鈿女
神倭伊波礼毘古 カムヤマトイハレビコ 神日本磐余彦

同じ登場人物でも、字の印象が全く異なります。

 

古事記は日本語の音を、日本書紀は漢文を重視していた!

 

違い④:ストーリーの内容

古事記と日本書紀の違いをわかりやすく解説出雲神話の舞台である稲佐の浜

「古事記」と「日本書紀」では、同じストーリーでも内容が異なるものがいくつかあります。

たとえば、ヤマトタケルのお話。

古事記では、父のためにと兄を自らの手で殺したものの、父からは煙たがられて九州に追いやられたと書かれています。

一方日本書記では、兄を殺したことも、父と不仲であったことも一切書かれていません。むしろ、父にとってヤマトタケルは自慢の息子だったという内容です。

「因幡の白うさぎ」でおなじみの出雲国譲りの神話も、日本書紀ではカットされています。

このように日本書紀では、対外的に重要ではないこと好ましくない国内の事情については、細かく記述しないようにしていたようです。

これもやはり、外国向けの歴史書だからだと考えられています。

 

「古事記」と「日本書紀」の違いを表でみる

さいごに、「古事記」と「日本書紀」の違いを表で比べてみます。

古事記 日本書紀
作らせた人 天武天皇 天武天皇
まとめた人 稗田阿礼が語り、太安万侶が筆記する 6人の皇子と官僚でまとめ、舎人親王が完成させる
まとめた期間 4ヶ月 39年
完成した年 712年(和銅5年) 720年(養老4年)
巻数 3巻(上・中・下巻) 30巻+系図1巻
扱う時代 天地初発から推古天皇(第33代)まで 天地開闢から持統天皇(第41代)まで
表記 和文(漢字の音で表記) 漢文
書かれてる内容 天皇家の歴史 国家の公式な歴史
作られた目的 天皇家の正当性をアピール 日本を諸外国にアピール
読者 国内(日本人)向け 外国(中国人)向け

 

当時の日本人の心情を知るには「古事記」を、日本の公的な歴史を知るには「日本書記」を、日本という国の成り立ちを理解するのなら両方を読むことをおすすめします。

文章:奈良 怜(@narararei

 

おすすめ書籍・マンガ